雇われるということに希望が持てないですか?

 
雇われること前提で勝手に話が進んでいることで、
雇われることにあまり疑問を感じていなかった。
だけど、いざ、就活が近づいて、考えさせられたのは、自分の付加価値について。
そして、誰かのご機嫌をとるために、それが生きていくためだとしても、付加価値を付けようと努力することが、
アホらしく、虚しく、
そして自分の人生を棒にふる
ような感覚にさせた。
 
雇われるということは
誰かに使われるための都合のいい条件を
持っていなければならないということ。
つまり、他人ありきの人生。
 
雇われるためには、魅力をつけなければならないということ。
たいていの人は、そのままでは使われる価値なんてないから、必死に付加価値をつける努力をする。
それが自分の欲しいものだったら、いいですよ。
でも、たいてい違うはず。
他人に使われるために、自分磨き?するのは多分幸せじゃない。
 
他人中心の人生はきっと疲れるだろうと思う。
 
そこで私は、雇われないことを選んだ。
雇われることは生きていくための絶対条件ではない。
 
努力するなら、
もっと自分の欲しい人生のために、
もっと自分の欲しい魅力のためにしたくないですか?
 
それとも、まだ、他人に気に入られることを気にしながら生きていきたいですか?
 
自分の欲しい人生を一緒に作りませんか。