悩む時は質問が間違っている。

 
悩みに悩んで、どれだけ時間を費やそうとも
結局堂々巡りの思考になっていて、
この先トンネルを出られることはあるのかと途方にくれる。
 
そんな悩みが尽きない日々を私は送っていました。
そんな私を変えてくれたのは、
こんな考えでした。
 
悩む時は質問が間違っている
 
質問力に関する本がたくさん書店に並んでいるように、質問力に着目する人もたくさんいるかと思います。
それは、誰かに対して、が中心に描かれていますよね。
そこでです。
自分に対しての質問に関しては、無頓着じゃないですか?
選択を迫られる時も、比較したりするときも、何か思考を伴う時は自分に質問しているんです。
この質問の仕方が一定になっている時、思考が堂々巡りになります。
 
思考回路を変えようとすると、大層で、つかめない難しいものになってしまいますが、
質問を変えてみるのはどうでしょうか?
自分に投げかけている質問は本当に欲しい成果を出すのにふさわしい質問かどうか、
再考してみては?
 
それが難しい方は、誰かに違う質問をかけてもらうことです。
正しい質問で、悩みを解決したい方は、

こちらまで!